体内の免疫機能を高める抗がん漢方薬

体内の免疫機能を高め、がんを抑制する効果が期待できます。
がん細胞に対する殺傷力に優れ、化学療法や放射線治療による副作用を軽減する効果も期待できます。

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

中國一號天仙液

(ヤマト便)中國一號天仙液

(☆画像をクリックして下さい。)天仙液は、中国政府より初めて抗がん漢方薬として認定された天仙丸(錠剤)を、液体に改良し進化させた抗がん漢方薬です。

天仙液には、白花蛇舌草や天花粉、青黛など抗がん効果を持つといわれる生薬や、女貞子のほか、多種の免疫力増強用生薬が配合されており、がん細胞に対する殺傷力や免疫力を高める期待が持てます。また、含有成分の人参、黄蓍には、生体造血機能の強化や白細胞の増殖作用があるといわれ、患者の体質を改善するよう働きかけます。その作用により、化学療法や放射線治療を受けている患者が、それらの治療法による副作用を軽減することができるといわれています。

それらの生薬は、良質な薬草が天然自生することで有名な、長白山で採取された薬草を中心に作られています。長白山は、厳しい自然環境で知られ、その環境下で育まれた植物は温暖な気候の下で育った植物の2~3倍の薬効があるといわれています。また、配合生薬の品質チェックは、世界的に権威があり、厳格な検査機関である香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関)によって行われています。そして、その配合生薬は、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の最新工場で厳密な管理のもと、一つ一つ製品化されています。

天仙液は、日本では医薬品の認可を受けていませんが、世界の多くの国々で医薬品、漢方サプリメントとして認可されています。現在、20ヶ国以上、60万人以上のがん患者の方々に使用されているといわれています。

中國一號天仙液(強効型)

(ヤマト便)中國一號天仙液(強効型)
(☆画像をクリックして下さい。)中國一號天仙液(強効型)は、天仙液にさらに最新の製薬技術を取り入れた複合型抗がん漢方薬です。天仙液は、中国政府より初めて抗がん漢方薬として認定された天仙丸(錠剤)を、液体に改良し進化させたものです。天仙液(強効型)は、その天仙液を改良し、より優れた効果が期待できる抗がん漢方薬です。

 

中國一號天仙丸1号

(ヤマト便)中國一號天仙丸1号
(☆画像をクリックして下さい。)中國一號天仙丸1号は、抗がん漢方薬です。数多くの臨床試験において、生体の免疫機能を増強させることが明らかなったとされています。

天仙丸は、前身となる「複方天仙嚢(現在の天仙系列製品の天仙丸1号)」が、1988年に中国政府により抗ガン漢方薬として認定されたのち、その効果をさらに向上させるため、生薬の配合改善や臨床試験を重ね、開発されものです。

天津医薬科学研究所の曲氏らは、天仙丸を使用することによる、ガン細胞周期に対する影響についての実験研究を行いました。その結果、肝ガン腹水細胞及びHeLa細胞において、G2期とM期の細胞が増加し、G1期とS期の細胞が明らかに減少したことが確認されたという報告をしています。これは天仙丸が、主にG2期とM期の細胞分裂を遮断したと推察できる結果とされています。

尚、天仙丸は、単独ではなく、天仙液との併用が望ましいとされています。諸成分が刺激になること、また大量の服用で胃腸障害などが確認されていることなどが理由に挙げられます。

中國一號天仙丸3号

(ヤマト便)中國一號天仙丸3号


(☆画像をクリックして下さい。)
中國一號天仙丸3号は、抗がん漢方薬です。1988年に複方天仙 嚢(現在の天仙丸1号)が、中国政府から抗がん漢方薬として認定を受けて以降、さらなる生薬の配合や臨床試験を重ね、各がん病に対し、効果がより高い処方となるように各号の天仙丸を開発したという経緯があります。多くの臨床試験で、天仙丸は生体の免疫機能を増強させる効果があったという報告があります。

天仙丸3号の期待できる効果は、脾臓、肝臓、胃、腎臓の機能を改善し、人体の気と血液を活性化させることです。放射線、化学療法によるさまざまな副作用は、脾臓、肝臓、胃、腎臓の機能の乱れによって起こるといわれています。天仙丸3号はその放射線や化学療法の副作用を軽減することが期待できます。そのほか、白血病の治療にも利用されます。

天仙丸は諸成分が刺激になること、また多量の服用で胃腸障害などが確認されているので、単独での服用はお勧めできません。各臨床実験などで、各がん病に適用した天仙丸と、同じく天仙系列製品の天仙液との併用で、効果が増したというケースが多く確認されています。天仙丸は天仙液と併せて使用することを推奨いたします。

中國一號天仙丸5号

(ヤマト便)中國一號天仙丸5号

(☆画像をクリックして下さい。)中國一號天仙丸5号は、抗がん漢方薬です。
天仙丸5号の期待できる効果は、栄養と有用成分を心臓と肺に運び、栄養を全身の各組織や器官に行きわたらせることです。特に肺疾患に効果が期待できます。したがって、天仙丸5号は、肺がんの治療に使用されるものですが、肺のほか、気管、気管支、喉、鼻咽頭、胸膜といったすべての呼吸系統のがんに適用されます。有用成分の人参、黄蓍は体内の免疫機能を高める働きで知られています。

天仙丸は諸成分が刺激になること、また多量の服用で胃腸障害などが確認されているので、単独での服用はお勧めできません。各臨床実験などで、各がん病に適用した天仙丸と、同じく天仙系列製品の天仙液との併用で、効果が増したというケースが多く確認されています。天仙丸は天仙液と併せて使用することを推奨いたします。

中國一號天仙丸6号

(ヤマト便)中國一號天仙丸6号

(☆画像をクリックして下さい。)
中國一號天仙丸6号は、抗がん漢方薬です。
天仙丸6号は、肝臓がん膵臓がん胆嚢がん胆管がんに適しています。配合成分の人参や猪苓により、体内の免疫機能を高める作用や、慢性肝炎肝硬変胆嚢炎などの病変にも効果が期待できます。

天仙丸は諸成分が刺激になること、また多量の服用で胃腸障害などが確認されているので、単独での服用はお勧めできません。各臨床実験などで、各がん病に適用した天仙丸と、同じく天仙系列製品の天仙液との併用で、効果が増したというケースが多く確認されています。天仙丸6号は天仙液と併せて使用することを推奨いたします。

中國一號天仙丸7号

(ヤマト便)中國一號天仙丸7号

(☆画像をクリックして下さい。)中國一號天仙丸7号は、抗がん漢方薬です。
天仙丸7号は、甲状腺がん乳腺がん子宮がん卵巣がん腎臓がん膀胱がん前立腺がん骨がん原発性脳腫瘍に適しています。また、有用成分である、山慈菇や瓜、夏枯草が臨床試験においてリンパ腫に効果があるとされており、悪性リンパ腫の治療にも利用されます。

天仙丸は諸成分が刺激になること、また多量の服用で胃腸障害などが確認されているので、単独での服用はお勧めできません。各臨床実験などで、各がん病に適用した天仙丸と、同じく天仙系列製品の天仙液との併用で、効果が増したというケースが多く確認されています。天仙丸7号は天仙液と併せて使用することを推奨いたします。

中國一號天仙軟膏

(ヤマト便)中國一號天仙軟膏

(☆画像をクリックして下さい。)
本製品は塗るタイプの抗がん漢方薬です。
皮膚より直接吸収されるため、ガン細胞の抑制および痛みの緩和を目的としてご使用いただけます。皮膚より吸収された薬効が肺に対しても作用すると考えられます。
抗ガン剤、放射治療の前・後に利用する事により、皮膚から直接薬効が吸収されるため、治療効果を高める作用があるとされております。また治療による皮膚損傷の緩和も期待できます。

成分の天南星(てんなんしょう)は、子宮頸癌食道癌肺癌神経腫瘍口腔腫瘍などのガンの治療に用いられることが多いとされており、主に去痰作用、鎮痛作用、鎮静作用、鎮痙作用、抗腫瘍作用に効果があるといわれております。

乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)は、抗炎症作用、鎮痛作用、活血化瘀、抗菌作用に効果があり、中国医学では鎮痛,消炎薬として,瘀血による疼痛,打ち身、生理痛、化膿性疾患などに応用されております。

牛黄(ごおう)は、牛の胆嚢や胆管にできた結石のことです。主に、体の各所で起きている炎症を抑える抗炎症作用、鎮静作用、鎮痙作用、解熱作用、肝臓保護作用、降圧作用、強心作用があります。

冰片(ひょうへん)は、鎮痛作用、血流量の改善、抗炎症があるとされております。また、強い浸透力があるため、他の生薬の成分をガン細胞へ導きます。

中國一號天仙栓

(ヤマト便)中國一號天仙栓

(☆画像をクリックして下さい。)
本製品は抗がん漢方薬です。
座薬であるため、胃を経由することによる薬効成分の破壊や、肝臓への負担なく、直腸粘膜より直接成分が吸収されるため、即効性が期待できます。
また、通常使用後30分程度で血液循環にのり、即効性が期待できるという特徴があります。その他、天仙栓は直腸を経由するために、一般名 薬品と違って肝臓の負担を軽減でき、新鮮な生薬のままで配合されていますので、がん細胞の抑制に即効性があるといわれており、放射線、化学治療に対しての副作用も軽減することが できるといわれております。

成分の明礬(みょうばんは、収斂作用、殺菌作用があることから、洗眼、含嗽に用いられることがあるようです。
蟾酥(せんそ)は強心作用、血圧降下作用、冠血管拡張作用、胃液分泌抑制作用、局所麻痺作用、抗炎症作用等があるとされております。
冰片(ひょうへん)は、鎮痛、血流量の改善、抗炎症などのほか、強い浸透力があるため、他の生薬の成分をガン細胞い導く作用があるとされております。
黄蓍(おうぎは、補気健脾(気を補う、脾臓の機能を増強する)の作用があるため、がん患者の免疫機能を高める作用もあると言われております。

莪朮(がじゅつ)は、行気破血といい、気の停滞から生じる血液の停滞(淤血)をすばやく除く効果があるとされております。
白花蛇舌草(びゃくかじゃぜつそう)と半枝蓮(はんしれん)は、中国ではがん治療によく使われる漢方と言われております。

食道ガン、胃ガン、腸ガン、肺ガン、肝臓ガン、子宮ガン、卵巣ガン、前立腺ガン、睾丸ガン、膀胱ガン、乳ガン、膣ガン、悪性リンパ腫のほか、痔病にもご利用頂けます。

中國一號天仙骨安寧

(ヤマト便)中國一號天仙骨安寧

(☆画像をクリックして下さい。)
本製品は抗がん漢方薬です。補気養血(体のエネルギーを補い、血を養って増やす)、清熱解毒(解熱、解毒)、消腫、散結止痛(しこりをほぐす、痛みを止める)などの効果に期待ができます。
東洋医学的には、腎主骨(腎臓の機能を良くし、骨を丈夫にする)、生骨髄(骨を丈夫にし、骨髄機能を高める)の見解があり、天仙骨安寧は骨や骨髄に深く関係する肝、腎臓の滋養にも効果があるためカルシウムの吸収を高める補助剤としてご利用いただけます。

成分の黄耆は、補気健脾(気を補う、脾臓の機能を増強する)の作用があるため、皮膚の潰瘍治療に効果的とされており、がん患者の免疫機能を高める作用もあると言われております。
地黄は、生精補血(気を補って、血液を養う)、滋陰潤燥(燥熱を取り除く)、補益肝腎(肝臓、腎臓の陰虚を治療する)などの効果があると言われております。

地黄から抽出されたエキスは臨床実験などで、リューマチへ著しい抑制効果リンパ細胞の転化を促進する作用が確認されているようです。免疫機能を高めるほか、白血球細胞と血小板を増加させる効果があるとされております。
菟絲子は、補腎益精(腎臓の機能を高め)、養肝明目(肝臓の機能を高め、視覚障害を癒す)の効果があると言われております。東洋医学の研究理論から炎症の緩和、リンパ細胞の転化作用の促進に効果的であると確認されております。

蒲公英は解熱、解毒の作用があり、成分の中のサポニンは悪質な菌を抑制、 炎症を緩和させ、解熱、がんの抑制など、多種のがん症に効果があると言われております。臨床実験で骨髄炎、骨折による感染、骨髄腫などへの効果が確認されたという報告がございます。

 

Please follow and like us: