ガイアのうた

長野県善光寺・戸隠神社の宿坊

信州善光寺

 信州善光寺は、一光三尊阿弥陀如来を本尊として、創建以来約1400年にわたり、阿弥陀如来との結縁の場として、民衆の心の拠り所として深く広い信仰を得ています。

『善光寺縁起』によれば、本尊の一光三尊阿弥陀如来は、インドから朝鮮半島百済国へと渡り、欽明天皇13年(552年)、仏教伝来の折りに百済から日本へ伝えられた日本最古の仏像といわれております。

 

39の宿坊は、それぞれ御堂があり、住職がいます

 

  善光寺には39の宿坊があり、それぞれに御堂があり、住職がいます。住職は善光寺如来様に奉仕し、その護持に勤めると共に、全国からご参拝の皆さまを仏さまに仕える心でご接待し、お世話をしています。

 特徴ある精進料理をはじめ、それぞれに趣向をこらした宿坊料理もお楽しみいただけます。早朝にはお朝事があり、住職が本堂へと向かう途中に頭を数珠で撫でていただく「お数珠頂戴」が行われています。

 

 各宿坊のご案内ページへ>>>

住所:〒380-0851 長野市大字長野元善町491-イ(善光寺事務局内)

連絡:026-237-7676 

宿泊料:9,720円〜(大人1人 1泊2食)

交通アクセス:長野ICから車で25分。JR北陸新幹線長野駅からバスで10分 。

関連リンク:善光寺宿坊組合

 

 

戸隠神社

 戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
 平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。  

 江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。

明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。           戸隠神社HP

 

戸隠神社には宝光社地区16軒、中社地区21軒の宿坊があります。

参拝の宿一覧のページへ>>>

 

門前町、重伝建に指定へ 戸隠ブランド、国お墨付き 宿坊群は全国初 長野   

産経ニュース2016/10/22

■連峰との一体性評価

  国の文化審議会は21日、長野市の戸隠神社の宿坊群を中心とした門前町「戸隠伝統的建造物群保存地区」を、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定す るよう松野博一文部科学相に答申した。年内にも宿坊群として全国初の重伝建に指定される。他に例を見ない歴史的な町並み、景観に国のお墨付きが得られる形 で、今も多くの観光客でにぎわう戸隠のブランド力がさらに強まることが期待される。

 県内の文化財が重伝建に選定されるのは南木曽町の妻籠 宿(つまごじゅく)や塩尻市の奈良井宿などに続いて7地区目で、長野市では初めて。対象地区は、戸隠宝光社(ほうこうしゃ)の全域と中社(ちゅうしゃ)、 宝光社東、宝光社西、堂前林(どうまえばやし)、向林(むけべし)、東谷、上泡原(かみあわら)のそれぞれ一部で、総面積は73・3ヘクタールに及ぶ。平 成17年に同市と合併した旧戸隠村のほぼ中心部に位置し、大部分が妙高戸隠連山国立公園に含まれる。

 標高1100メートル以上に広がる一 帯は、古代から受け継がれてきた戸隠信仰の拠点として栄えた。修験(しゅげん)者たちの修行の場で知られ、近世には戸隠山顕光寺(けんこうじ)の門前町と して発展した。明治時代の廃仏毀釈(きしゃく)で同寺が戸隠神社に姿を変えた後も、信者たちでつくる「戸隠講」を中心とした信仰は続いている。

 宿坊が連なる景観は、あつい信仰がなおも息づいている表れとされる。重伝建への選定に際しても、信仰を生んだ戸隠山(標高1904メートル)をはじめとする戸隠連峰の雄大な自然環境が、戸隠神社や宿坊群などの集落と強い一体性を保っていることなどが評価された。

  戸隠講の信者らが寝泊まりする宿坊は、大規模で豪壮な造りが特色だ。母屋内には祭殿を設け、屋根の中央部分が前方に張り出した「向拝(こうはい)」など、 社寺に見られる様式を踏襲する建物が少なくない。観賞用の庭園を備えたものもあり、重伝建の選定理由では「宿坊建築の特徴をよく示している」とされた。

  重伝建への選定について加藤久雄長野市長は「大変うれしく思う。これまでの地域の皆さんのご努力に改めて感謝するとともに、戸隠地区のさらなる魅力づくり に決意を新たにしている」とコメントした。地元も「町並みが評価されることは戸隠にとって誇り。さらに観光客をもてなす励みとしたい」(戸隠観光協会)と 喜びに沸いた。

 市教育委員会は来年度、国や県の財政支援を活用し、建造物の修理に対する補助制度を創設する方針。重伝建の指定を紹介する看板の設置も検討している。市教委文化財課は「木造で大きな宿坊も多く、門前町の町並みを維持するために適切な修理を進めたい」としている。

 

あじさい寺 高源院

 

戸狩温泉スキー場の麓にあり600年を超える歴史を持つ古刹です。境内には約20種800株、1万本のあじさいが植えられたあじさい寺としても知られています。

 信越トレイル」や「森林セラピー」の認定宿として、お寺ならではの落ち着いた雰囲気の宿として親しまれております。

住所:〒389-2411 長野県飯山市豊田6356イ

連絡:0269-65-2202   高源院HP

宿泊料:6,500円(税別)〜

交通アクセス:上信越道 豊田ICより20分
北陸新幹線 飯山駅から20分

関連リンク:戸狩観光協会 

 

 

ガイアのうたおすすめ本

 

信州善光寺案内

 わが国有数の古刹として知られ、ミシュラン社の日本観光ガイドブックでも三ツ星に選らばれた善光寺。7年に1度の御開帳にはたくさんの参拝者が訪れる心のよりどころともなっています。 本書は、古くから無宗派の寺として、誰もを受け入れてきた善光寺の歴史、特長、謎や不思議を多岐にわたって紹介しました。参拝の手引きとして、参拝後の座右の書としてご活用いただけます。これ1冊で善光寺をもっと楽しめます! 表参道地図付き。

 

 

 

善光寺の歴史と信仰

 善光寺はどうして年間600万人もの人が参詣する大寺院になったのか。「庶民信仰の寺」「民衆の寺」と呼ばれるのはなぜか。「無宗派の寺」とはどういう意味か。善光寺如来の霊験を形作った本質的な特徴とはなにか。これらの素朴な疑問に、歴史学を始めとする関連諸学の最新の成果を踏まえて答える善光寺研究の決定版。

 全国屈指の著名寺院、信濃の善光寺。膨大な史料考証を元に、数々の伝承に彩られた同寺の姿を描き出す。善光寺を知る絶好の一冊!

 

 

古道を歩く 戸隠神社五社めぐり

 奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなり、日本神話の「天の岩戸」開きや「天孫降臨」に功績のあった神さまを祀る戸隠神社は、平安時代に修験道の道場として開かれました。「戸隠山顕光寺」という神仏混淆の寺院として栄えた後、江戸時代には徳川家の手厚い保護を受けて信仰を集めましたが、明治初めの神仏分離で名前を「戸隠神社」に変えて現在に至ります。本書は季節ごとの古道の風景をとらえた写真を多用し、戸隠信仰や神社の歴史を解説する案内ガイドの決定版です。

 

 

神社百景DVDコレクション 31号 (戸隠神社・榛名神社) [分冊百科] (DVD付)

 日本全国の神社の中から選りすぐりの名社をマガジンの解説とともに、映像とナレーションでご紹介します。

古より、人々の信仰を集めてきた神の社。人々を見守り、畏れ敬われてきた神々は、今も全国の社と人々の心に鎮まる。
『隔週刊 神社百景DVDコレクション』は、BSジャパンで放映された
「神社百景 GRACE of JAPAN」から厳選した映像を全60巻にまとめてDVD化したシリーズです。
全国で崇敬される名社とそれを取り巻く自然、人々の信仰という日本の原風景を、その地を訪れ、参拝したかのような臨場感あふれる映像と誌面で紹介します。

 

ガイアのうたおすすめ本<宿坊 旅>>>>

 

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。 応援くださると、とても嬉しいです。2つクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

 

Please follow and like us:




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。