ガイアのうた

アレッポの石鹸から思い出したこと・・

昨日、町へ石鹸を買いに行きました。洗顔にも洗髪にもと、馬油石鹸がとても気に入っていて、ドラッグストアに「あるかなぁ〜?」と、他の買い物のついでにちょっと・・。

シャンプーじゃなくて、石鹸コーナーです。「北海道のオーガニック馬油石鹸」??とか、何種類かありました。

・・隣には、「アレッポ石鹸」がこちらも何種類か、置いてありました。そのうちの一つを手に取って、裏に書いてある説明書きを読みました。最後に・・

「原産国:トルコ」

シリアのアレッポ地方で、古来から製造されている天然100%の石鹸がいわゆる「アレッポの石鹸」です。

その説明書きには、「昨今のシリア内乱の影響で、アレッポでは石鹸を作ることができず、やむを得ず隣国のトルコに工場を移し、生産を続けております。」

そう・・・ちょっと忘れかけていました。これがいまのシリアの人々の生活なんですよね・・↑

私たちの友人、もうほとんど家族(親戚)みたいになっているアラブ音楽ウードを弾いている彼は、「シリアって、昔はとっても美しい国だったんだ・・・」

って、遠い空を見上げるようにつぶやいていました。わたしだって、そう思う・・

世界史になんだかとてもワクワクしていたころ、シリアって夢の異国だった。古代オリエントからはじまって。OL生活のあと、外国に旅したのも、「古代オリエント」が心を動かしたんだし。

この写真に映っている男の子はどうしているのだろう・・・?後ろから両手に荷物をいっぱい抱えているおじさんは?この子のお父さんだろうか・・?

 

    ・・・つづく

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。
2つクリックをお願いします)

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ

Please follow and like us:




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。