ガイアのうた

霞はじめてたなびく

 

霞たなびくころになりました

 

2月24日〜28日ころ 「霞始めてたなびく」

 

「かすみ・霞」の意味をあらためて調べてみました。

たなびいて山のふもとなどに白くぼうっと掛かる(普通には春の)霧。

いちばん身近なところでは 「霞か雲か 匂いぞいずる いざや いざや 見に行かん」ですね。これは説明も不要。

 

遠くの山々に霞がかかってほのかに見える風景は、いかにも春らしいのどかさです。

 この霞、科学的には「霧・きり」と同じものなのだそうです。気象庁ではすべて「霧」で統一しているので気象用語には「霞」はないのだとか。

 でも春はやはり霞と呼ばないと雰囲気が出ませんね。昔の人はたなびく霞を春の山々の衣装にたとえてきました。

「霞の衣」「霞の袖」「霞の褄」「霞の裾」・・・

それは春をつかさどる女神「佐保姫・さほひめ」の衣の裾ともいわれます。

 春が近づくにつれて、なんとなくおしゃれをしたくなる気持ちになるのは「佐保姫」も同じようですね。

 霞がたなびきはじめるというこの時期。薄衣のようなスカーフを、ふんわりと装ってみましょうか。             

 「美しい暦のことば」山下景子より

 

 

「春の神・左保姫」

佐保姫の糸そめかくる青柳をふきなみだりそ春の山かぜ

(佐保姫が糸を染めて掛けている柳の枝を吹き乱さないでおくれ、春の山風よ)

 佐保姫は、奈良の都の東方にある佐保山にまします神さま。

 方位で「東」が「春」を意味することから、佐保姫は春を掌る神とされてきました。

「佐保山」とは、奈良盆地を流れる佐保川付近にある山々の総称といわれています。

 古来、春の野山にかかる霞は、佐保姫の織りなす薄い布であると解され、その情景は、和歌や物語に多く描かれています。

世阿弥の著した脇能物(わきのうもの)「佐保山」も、春霞に誘われて佐保山へ登った藤原俊家が、佐保姫の衣をさらしていると言う不思議な女性たちに遭遇、その夜、木陰で休んでいると佐保姫が現れ、美しく舞ったという幻想的なものです。

 

 冒頭の和歌は、天徳四年(960)、村上天皇が催した「天徳内裏歌合(てんとくのだいりうたあわせ)」において、平兼盛が詠んだ和歌です。
 歌合とは、歌人を左右二組に分け、詠んだ歌の優劣を競う行事です。「天徳内裏歌合」は、当代一流の歌人が名を連ね、歌題、調度、装束の色目など、高い趣向が施されたもので、後世の歌合の模範になったといわれています。 神社本庁より転載

 

<ガイアのうたおすすめ本>

 

和歌のルール

 高校の教科書に載っている作品を中心に和歌の魅力を味わうのに十分な10のルールを選びました。

 初めて和歌を読む人々を思い浮かべて書かれた、わかりやすくて本格的な和歌案内書です。

 もしかしたら、十個のルールでは少なく思えるでしょうか。でもこれだけわかっていれば、かなりのものです。格段に和歌が面白く読めるようになること、請け合いです。

 

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。 応援くださると、とても嬉しいです。2つクリックお願いします。(お手数をおかけしてごめんなさい)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

Please follow and like us:




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。