ガイアのうた

タケノコの灰汁抜きは椿の葉で、きれいに簡単に!

 

本日27日のシタールサンガで召し上がっていただく、採れたてタケノコのアク抜き方法がとても素晴らしいのです。

 

鹿児島にいる古い友人から教わった椿の葉を使ったアクの抜き方!

灰を使うより楽で、アクもとれます。

茹で時間は、椿のきれいな緑いろの葉が、茶色になるくらい。

 

椿でのアク抜きの最大のメリットは、ゆで終えた鍋がきれいなのです。
ぬかだと鍋肌にぬかねっとりつくものですが、それがない。

それにタケノコがぬかで汚れないので、嬉しい!!

人によっては、ぬかより椿の方がしっかりとアク抜きできると言う方もおられるとか。

 

あんまりさっと、きれいに灰汁抜きができたので、ビックリ!ビックリ!!感激でした。

こんどは蕨(わらび)の灰汁抜きに挑戦しよう〜と思っています。

 

 

 

<シタールサンガVol.4>

2018 年(平成30 年)の1年間、毎月第4金曜日にインド古典音楽の 魅力、インド音楽をより楽しめるためのまめ知識、もろもろのインド雑学、食に関すること、私の体験から感じたことなどをシタールの演奏を交えながら、楽し んでいただく集いです。毎回インドで生活していたころに覚えた家庭料理を、少しですがご用意いたします。

 

☆シタール演奏と参加者も交えたお話、インド家庭料理を愉しむ集まりです。今回はタケノコのカレーです。

 

4月27日(金)

at:<清澤寺>山梨県甲斐市天狗沢92

start:19:00 
charge: 1回のみの参加:2,000円 

*年会員にご参加の方は伊藤までご連絡ください。
お問い合わせ・ご予約: 090-3585-3388(伊藤)mail@anjalimusic.jp /anjalimusic@docomo.ne.jp

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。 応援くださると、とても嬉しいです。2つクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

 

 

Please follow and like us:



1件のコメント »

  • シタールの夜・・・

    昨晩、シタール奏者「伊藤公朗」さんのシタールの集いに行ってきました。
    インドの伝統的楽器シタールの音色は、演奏した曲そのものがそのまま現象となって現れるとも言われています。
    例えば、火のラーガ(曲)をやると自分自身が燃えるとまで言われています。
    雨のラーガをすれば、雨が降るというように。
    シタールは、曲によって演奏していい時間が決められれているというのも驚きですよね。

    シタールの不思議な旋律や響きは、とても宇宙的だったり色気を感じたり、じわ~~~んと音が体にはいってきて、わたしもまた響くという体感がいつもあるのです。
    久しぶりに聴いた公朗さんのシタールの音色は、やっぱりすごかった!
    「カマージ」というラーガの演奏は、キラキラとした星たちが手のひらにいっぱい落ちて集まってくるように感じたんだよ~~~。
    あんまりにも美しくかわいらしい旋律は、幸せの種みたいなものが、ふわ~~~と自分のまわりに取り巻いて、見えないんだけど見えるの!
    森と宇宙がどこまでも広がってつながって、キラキラとした音がやさしい雨のようにポンポロ降ってくるの。

    この曲を聴いたとき、野生動物の鹿がシタールの音色を聴きにきたりする気持ちがわかった気がした。
    安心感や、やさしさ、楽しさ、華やかさ、自然や宇宙と一体となった不思議な音が奏でられているんだな~って思った。

    ナーダヨギの公朗さんから直接、インド音楽の話や70年代インドの話を聴ける機会ってあんまりないので、この集いはとっても貴重だな~って思います。
    公朗さん手作りのインドカレーもついてきますよ~。
    この日のメニューは、タケノコカレーとほうれん草のサブジ。
    インドの家庭料理ってすっごくおいしいの。
    お店では食べられないやさしいおいしさ、主人(ぽんちゃん)もインド滞在していたから初めてカレー作って食べさせてくれたとき、すっごく感動したんだよなぁ。。。
    公朗さんのカレーもやさしくって本当においしい♡
    心も体も魂も元気になった~~~!
    シタールサンガ(シタールの集い)心からおススメです。
    インドや音楽に興味のある人、ヨガしている人、ヒーラーやセラピストの人には特におススメしたいな~。

    来月のシタールサンガは、
    5月25日(金)です。
    19時~21時まで

    公朗さんのホームページ↓
    http://anjalimusic.jp/


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。