ガイアのうた

それでも立春を過ぎた日の朝

厳しい寒さの続く・・・

それでも立春を過ぎた日の朝

窓から差し込む明るい陽射しに

なんとなく心を弾ませながら

冷たい水で顔を洗うとき・・・

 

ミルクをたっぷり入れ

スパイスを効かせた

いつもの朝と一緒の

チャイの甘く熱い流れを感じるとき・・・

 

入れたての

深く煎った香ばしい

コーヒーを飲みながら、

読みかけの、本を読むとき・・・

 

なんとはなく、

キッチンに立ち

棚や洗いカゴに並んだ

食器たちを眺めたとき・・・

 

そんなふとした瞬間に

自分のなかの

なんだかわからないけれど

 

ワクワクして・・・

心が軽くなったような

「心身脱落」とは言わないけれど・・

そんなことをなんとなく

感じるときはありませんか。

 

そんな瞬間、ありませんか?

 

<ガイアのうたおすすめ本>

 

食卓に珈琲の匂い流れ

 

日常の出来事の中からの発見と心の奥の隠れた真実を、鋭い感性とすがすがしい言葉で、ときには怒りと毒をこめた詩に結実させた、茨木のり子の新詩集。

 

 

 

 

倚りかからず (ちくま文庫)

「もはや/いかなる権威にも倚りかかりたくはない/ながく生きて/心底学んだのはそれぐらい/じぶんの耳目/じぶんの二本足のみで立っていて/なに不都合のことやある/倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ」。

 強い意志とナイーヴな感受性によって紡ぎだされた詩集『倚りかからず』に「球を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の詩3篇と高瀬省三氏のカット16点を添えて贈る瀟洒な一冊。

 

 

自分の感受性くらい

 

すがすがしく生きたいと思う心そのままを、確かな視線と優しい言葉でとらえた、あざやかな茨木のり子の詩の世界。

1969年から1976年にかけての作品20篇を収めた話題の詩集。

 

 

 

 

(16)茨木のり子 (日本語を味わう名詩入門)

「倚りかからず」「自分の感受性くらい」などの詩で知られる詩人、茨木のり子。
やさしく親しみやすい言葉で、凛とした意志を表明した、その美しい詩の世界を味わってみましょう。
【収録作品】
こどもたち/六月/わたしが一番きれいだったとき/小さな娘が思ったこと/はじめての町/汲む―Y・Yに―/惑星/言いたくない言葉
自分の感受性くらい/鍵/落ちこぼれ/娘たち/瞳/問い/木は旅が好き/倚りかからず/水の星/泉/M・Tに/母国語/こわがらない/詩

 

おんなのことば (童話屋の詩文庫)

詩人茨木のり子さんの名だたる詩が網羅されています。「自分の
感受性くらい」に始まり「わたしが一番きれいだったとき」「見えない配達夫」

「落ちこぼれ」「聴く力」と名詩がつぎつぎに登場。フィナーレは「汲む」。夕鶴を演じた山本安英さんに捧げた詩です。初心の初々しさを忘れて傲慢になる大人たちへ警鐘をならす茨木さんの渾身の代表作。

 

 

 

茨木のり子詩集 わたしが一番きれいだったとき (豊かなことば 現代日本の詩 7) (豊かなことば現代日本の詩)

 

「わたしが一番きれいだったとき」などが国語の教科書で紹介され、たくさんのファンをもつ茨木のり子の選詩集。

 優しさだけに止まらず鋭く切り込む姿勢をみせる茨城のり子の詩は、時代を越えて若い女性たちの心をふるわせる。「倚りかからず」など、収録。

 

女がひとり頬杖をついて

「おんなのことば」の対になる茨木のり子二冊目の詞華集です。15万刷のベストセラー「倚りかからず」(筑摩書房)から「倚りかからず」「鄙ぶりの唄」「笑う能力」「系図」「水の星」を採り、最愛の夫への鎮魂歌「歳月」(花神社)からは「ひとり暮し」「なれる」の二編を収録しました。

 そして圧巻は長詩「りゅうりぇんれんの物語」です。日本軍が強制連行した中国の若い農民の苦難の物語で、生前茨木さんは小冊子にしてでも多くの人に読んでほしいと願っていました。この二冊で、詩人茨木のり子さんの主な詩業が俯瞰できます。

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。 応援くださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ  

Please follow and like us:




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。