ガイアのうた

世界中で絶賛された京都退蔵院副ご住職、松山大耕さんのお話

日本ではどうして「宗教戦争」がないのか・・
日本人ってどんな民族なのか・・

 

  世界中で絶賛された京都退蔵院副ご住職、松山大耕さんのお話です。
宗教感の違いを「食」からお話しをされ、とてもわかり易く「うん、うん」と頷けます。

 

京都退蔵院副ご住職、松山大耕さんのひとりごと>>>

 

京都のなかでも、とりわけ美しいものが集まる寺として知られる「妙心寺 退蔵院」のサイト>>

退蔵」という言葉には、「価値あるものをしまっておく」という意味があり、陰徳(人に知られないようにして良い行いをする)を積み重ね、それを前面に打ち出すのではなく、内に秘めながら布教していくということを示しています。

また退蔵院に宮本武蔵が参禅に通ったという記録があるそうです。

 

<ガイアのうたおすすめ本>

 

「大事なことから忘れなさい」 迷える心に効く三十の「禅の教え」

方丈の襖絵プロジェクトや英語による外国人への禅指導など、
ユニークな活動で知られる京都・妙心寺退蔵院副住職、
松山大耕師による、初の書下ろしです。

「何の取り柄もない自分」
「なぜ自殺してはいけない?」
「嘘をつくのは悪いこと?」
「最近、結婚できるのか焦ってきた」
「やりたいことが見つからない」
…など、身近な30の悩みや疑問に、禅や仏教の教えを用いながら
解決のためのヒントをやさしい語り口で示しています。

「人生が複雑になってしまった人に読んでほしい」とは、世界陸上銅メダリスト・為末大さんの推薦のことばです。

 

ビジネスZEN入門 (講談社+α新書)

「本来の禅の教えを現代のビジネスパーソンに
示唆できる人、それが大耕さん!」
――伊藤穰一(MITメディアラボ所長) 推薦!

スティーブ・ジョブズがアイデアやインスピレーションにおいて、
禅に影響を受けたことは、ビジネスパーソンなら周知の事実です。

欧米では今や「マインドフルネス」が、グーグルやアップル、ナイキ、
インテルといった世界の優良企業で、経営や社員研修のやり方、
リーダーシップの育て方などを実践するために取り入れられています。
そのメソッドは、日本にも最近「輸入」されてきました。
この「マインドフルネス」は、仏教の瞑想法に由来しているところから、
同一視する人々もたくさんいます。

この本では、世界のビジネスリーダーたちが、たしなんでいる「ZEN」を、どのように皆さんも実践できるのか、について、とても分かりやすくお伝えする入門書です。

 

TISSUE vol.03 特集:まなざしのいいひと (ハンカチーフ・ブックス)

 

特集:まなざしのいいひと

心根のよいまなざしに、生き方を学びます。
様々なジャンル12名のインタビュー・対談・レポートを収録。
自分自身が心地よく新しく生きる旅へ。
次の一歩の角度を示す道しるべの詰まった一冊です。

 

 

 

☆<ガイアのうた>を応援してください。ランキングに参加しています。 応援くださると、とても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村  

 

Please follow and like us:




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。